本文へスキップします。

文字サイズ
MENU

車両制限令違反車両に対する取組

ご存知ですか?決まりを超える大型車両の通行には許可が必要です

特殊車両通行許可制度の概要

道路の構造を保全し又は交通の危険を防止するため、道路を通行する車両は、車両制限令により幅、重量、高さ、長さ及び最小回転半径の最高限度が定められています(道路法第47条第1項)。
これらの最高限度を超える車両は、特殊車両の通行許可制度に基づく申請を行って、特殊車両通行許可証の交付を受け、これを車両に備え付けることで通行することができることになります。
この通行許可にあたっては、車両の構造または車両に積載する貨物が特殊であるため、道路管理者がやむを得ないと認める場合であり、道路の構造を保全し又は交通の危険を防止するために必要な条件が付されています。
なお、これらに違反すると道路法(車両制限令)により罰せられます。

一般的制限値は、以下に記載された諸元のほか、高速自動車国道や重さ指定道路では、車両の種類や諸元に応じて特例が定められています。高さ3.8m、幅2.5m、長さ12.0m、最小回転半径12.0m、輪荷重5.0t、隣接軸重18.0t~20.0t

車両制限令ポスター

道路法(車両制限令)違反車両の取締・指導を強化しています

車両制限令違反の取締

高速道路機構では、特殊車両の通行許可を行う一方で、車両制限令に定める最高限度を超える車両を道路管理者の許可なく通行している者や許可条件に違反して通行している者に対する取締を高速道路会社と連携して行っています。機構で発行した車両制限令違反車両に対する措置命令の件数は、年間2千件を超えています。
この取締では、違反したと認められる車両に対して、高速道路からの退出を命じる措置命令(行政処分)を科しますが、悪質な違反である場合は、道路構造物への負荷軽減及び交通事故防止の観点から、積荷の軽減措置や通行許可を取得するまでの間の通行の中止を命じることもあります。

【道路法違反取締状況】
道路法違反取締状況写真

【車両重量測定状況】
車両重量測定状況写真

特殊車両通行許可証の備え付け

特殊車両通行許可証(許可証)は、車両へ備え付けておかなければなりません(道路法第47条第2項第6号)。
許可証が車両に備え付けられていない場合、取締の際に、職員が国交省の特殊車両通行許可システムに照合し、許可の内容を確認します。この場合、許可の内容が確認できても、許可証不携帯の扱いとなりますのでご注意ください。
なお、都道府県・政令市への一括申請などを含め、高速道路機構及び高速道路会社が確認できるのは、国交省の特殊車両通行許可システムに登録されている許可証のみとなります。国交省の特殊車両通行許可システムに登録されていない許可証、特車ゴールドに関する許可証等、高速道路機構及び高速道路会社においては確認ができないケースがあります。この場合、無許可扱いとして、車両制限令違反による措置命令等の対象となりますので、運行前には必ず経路、重量等、許可の内容を確認し、許可証一式(許可証、条件書、車両内訳書、経路図及び経路表)を必ず車両に備え付けてください。

違反者への指導

高速道路機構では、高速道路会社と連携し、重大な違反行為を行った運行会社等あてに警告書を発行し、さらに繰り返し違反行為を行った運行会社等に対しては、高速道路会社において是正指導を行っております。
また、改善が見られない場合は、当機構ホームページで是正指導内容等の公表や、関係機関と調整のうえ告発を行うことがあります。

道路法(車両制限令)違反により措置命令や行政指導を受けられた方へ

高速道路における道路法(車両制限令)違反に関する取組の状況や措置命令書の見方、違反となった理由や改善のポイントなどを掲載したチラシ・パンフレットを作成しています。ダウンロードしてご利用ください。

RELATED CONTENTS