新湘南バイパス

  • 料金車種区分を、他の高速道路と同様の5車種区分(3車種⇒5車種)(注1)に変更します。
  • 当面、普通車の料金は現行料金のままとし、その他の車は普通車を基準に料金車種区分に応じた料金とします(注2)。 ⇒ 軽自動車等、大型車及び特大車は現行より低額、中型車は高額となります。
  • ETC車で圏央道連続利用する場合、ご利用距離に応じた料金に変更し、利用1回当たりの固定額は圏央道と合わせて1回分になります。 (注3)
  • ETC2.0(注4)搭載車を対象に料金割引を行います(注5)

新湘南バイパス

①茅ヶ崎西⇔藤沢 (7.5㎞)

現行
 
310円
 
470円
1,180円

⇒

ETC2.0 ETC ETC以外
270円 290円 290円
300円 310円 310円
330円 350円 350円
390円 440円 440円
540円 620円 620円

②茅ヶ崎海岸 ⇔藤沢(8.7㎞)

現行
 
410円
 
630円
1,550円

⇒

ETC2.0 ETC ETC以外
350円 370円 370円
390円 410円 410円
440円 470円 470円
540円 590円 590円
800円 880円 880円

③茅ヶ崎海岸⇔茅ヶ崎中央(3.5km)

現行
 
200円
 
320円
740円

⇒

ETC2.0 ETC ETC以外
160円 160円 160円
200円 200円 200円
240円 240円 240円
300円 300円 300円
520円 520円 520円

④寒川北⇔藤沢 (10.5㎞)

現行
460円
570円
570円
830円
1,800円

⇒

ETC2.0 ETC ETC以外
390円 430円 440円
440円 500円 570円
500円 560円 610円
620円 710円 800円
930円 1,080円 1,230円

(※)上記料金は、藤沢~茅ヶ崎JCT間を現行の高速自動車国道の大都市近郊区間、茅ヶ崎JCT~茅ヶ崎海岸間を普通区間の料金水準とした平日昼間の料金例です。

  • (注1)5車種区分及び車種間比率は、軽自動車等(0.8)、普通車(1.0)、中型車(1.2)、大型車(1.65)、特大車(2.75)。
    (参考:現行 普通車(軽自動車・中型車含む)(1.0)、大型車(1.5)、特大車(3.8))
  • (注2)新湘南バイパス内の利用については、当面、時間帯割引は現行通りとします(深夜割引(全車)・休日割引(軽自動車等・普通車)を適用、平日朝夕割引は適用対象外)。
  • (注3)現金やETC機能のないクレジットカードなど、ETC車以外の車で連続利用される場合には、道路ごとに固定額(150円)が加算されます。
  • (注4)ETC2.0とは、車載器と道路側のアンテナであるITSスポットとの高速・大容量、双方向通信により受けることのできる、世界初の路車協調システムによる運転支援サービス(渋滞回避・安全運転支援)のことです。このサービスを受けるにはETC2.0対応車載器が必要になります。
  • (注5)高速自動車国道の料金は、㌔単価に走行距離を乗じ、固定額を加算して計算されますが、ETC2.0搭載車は、大都市近郊区間の㌔単価(29.52円/㎞)を約2割引き(24.6円/㎞)して計算します。料金所通過の際には、通常のETC車の料金が表示されますが、ご請求の際には、ETC2.0搭載車の料金を請求させていただきます(時間帯割引など他の割引とは重複適用されず、割引額の最も大きいものが適用されます。)。また、大口・多頻度割引(一般有料道路)を適用します。
  • 料金所通過時ご案内する料金より、ご請求金額異なる場合があります(ETC車)
(参考例)
  • 新湘南バイパスと圏央道を連続してご利用されるお客さまへ 当分の間、茅ヶ崎ジャンクション(JCT)料金所などでご案内する料金と、ご請求の際の料金が異なる場合がございます。

料金詳細