道路資産の保有及び貸付けの実績
(平成28年度)

 機構は、高速道路を保有し、高速道路会社6社に貸し付けることで、貸付料収入を得て、債務返済を行っています。
 平成28年度には、新規供用による61.5kmの増があった結果、平成28年度末時点における機構が保有する高速道路の供用区間の延長は10,122kmとなり、新設区間88kmを合わせた路線延長は10,210kmとなりました。
 機構は、この保有及び貸付状況を管理するために、各種の台帳類を整備・更新しており、本ホームページにおいて、最新の保有及び貸付状況を総括表と路線ごとの個別表により公表しております。

平成28年度の新規供用区間


・東九州自動車道 椎田南IC~豊前IC 7.0km
・近畿自動車道 名古屋神戸線
(新名神高速道路)
四日市JCT~新四日市JCT 5.0km
・一般国道475号
(東海環状自動車道)
東員IC~新四日市JCT 1.4km
・大阪府道高速大和川線 三宝JCT~鉄砲IC 1.4km
・一般国道468号
(首都圏中央連絡自動車道)
境古河IC~つくば中央IC 28.5km
・横浜市道高速横浜環状北線
(横浜北線)
横浜港北JCT~生麦JCT 8.2km
・中部横断自動車道 六郷IC~増穂IC 10.0km
計 61.5km

道路資産の保有及び貸付状況(総括表)

平成29年3月31日時点
[単位:㎞]

  合 計  
東日本
高速道路㈱
中日本
高速道路㈱
西日本
高速道路㈱
首都高速道路㈱ 阪神高速道路㈱ 本州四国連絡
高速道路㈱
阪神圏 京都圏
保有及び貸付延長 10,210 [52] 3,891 [29] 2,053 [16] 3,499 [7] 321 [0] 263 [-0] 10 [0] 173 [0]
  うち供用区間延長 10,122 [61] 3,869 [29] 2,045 [16] 3,456 [7] 319 [8] 251 [1] 10 [0] 173 [0]
  うち新設区間延長 (502)
88
[(10)]
[-10]
(149)
23
[(3)]
[0]
(195)
8
[(-16)]
[0]
(105)
43
[(3)]
[0]
(19)
2
[(-0)]
[-8]
(34)
12
[(20)]
[-2]
- - - -
(内訳)
全国路線網
 高速自動車国道
 高速自動車国道以外
9,582
8,317
1,265
[52]
[22]
[30]
3,891
3,376
515
[29]
[0]
[29]
2,047
1,844
203
[16]
[15]
[1]
3,471
3,097
374
[7]
[7]
[0]
- - - - - - 173
-
173
[0]
 
[0]
  うち供用区間延長 9,509 [52] 3,869 [29] 2,039 [16] 3,428 [7] - - - - - - 173 [0]
    高速自動車国道 8,250 [22] 3,360 [0] 1,836 [15] 3,054 [7] - - - - - - - -
    高速自動車国道以外 1,259 [30] 509 [29] 203 [1] 374 [0] - - - - - - 173 [0]
  うち新設区間延長 (449)
74
[(-11)]
[0]
(149)
23
[(3)]
[0]
(195)
8
[(-16)]
[0]
(105)
43
[(3)]
[0]
- - - - - - - -
    高速自動車国道 (329)
67
[(9)]
[0]
(114)
16
[(31)]
[0]
(120)
8
[(-15)]
[0]
(95)
43
[(-7)]
[0]
- - - - - - - -
    高速自動車国道以外 (120)
7
[(-20)]
[0]
(35)
7
[(-29)]
[0]
(75)
0
[(-1)]
[0]
(10)
0
[(10)]
[0]
- - - - - - - -
地域路線網 594 [-0] - - - - - - 321 [0] 263 [-0] 10 [0] - -
  うち供用区間延長 580 [10] - - - - - - 319 [8] 251 [1] 10 [0] - -
  うち新設区間延長 (53)
15
[(20)]
[-10]
- - - - - - (19)
2
[(-0)]
[-8]
(34)
12
[(20)]
[-2]
- - - -
一の路線 34 [0] - - 6 [0] 28 [0] - - - - - - - -
  うち供用区間延長 34 [0] - - 6 [0] 28 [0] - - - - - - - -
  うち新設区間延長 - - - - - - - - - - - - - - - -

注1)[ ]内の数値は、平成28年3月31日時点との増減です。

注2)延長の数値は、IC間を最小単位として、機構の保有資産が含まれている区間を全て合計したものの延長です。
  但し、「うち新設区間延長」の( )内の数値は、既に機構が資産を保有している区間を含む、協定に基づき高速道路会社が新設を行う区間の総延長です。

注3)端数処理の関係上、計が合わない場合があります。

上表を印刷される方はこちらPDF【51KB】 最新版はこちらPDF【25KB】
(平成29年4月30日時点)